既婚女性が面接を受ける時に絶対やってはいけないこと

就職・転職
仔猫ちゃん
結婚して転居することになったので、転職活動をしなくちゃいけなくなった。

配偶者が転勤するため、それに合わせていったん退職して、転職する。

 

こんにちは。結婚を機に転居し、転職活動をしたこともある、元採用担当のりえへいです。

これまでは結婚を機に退職というパターンが多かったですが、最近は結婚しても働き続ける人が圧倒的に多いですよね。

そして、それに合わせて婚をして転職するという人が増えています。

でも、20代後半、30代既婚女性の転職活動というのは、書類選考で落ちまくるなどなかなか大変なことが多いんですよね・・・。

今日はそのなかで、無事に書類を通過して面接に臨んだときに、これだけは聞いてはいけないということについてお伝えしたいと思います!

 

産休育休取得率や女性活躍に関しては、内定が出てから聞くべし

結婚した女性であれば、誰でも次に働く会社の女性の働きやすさって気になりますよね。

ちゃんと産休育休がとれるのか、子どもを持つ母親がどのくらい働き続けられているのか、知りたいことは尽きません。

でも、それを面接の場面で聞いてしまうのは絶対にやめましょう。

無事に内定が出た後に質問するのが、賢い方法です。

 

企業はあくまで、あなたがどれだけ仕事し続けられるのかを気にしている

女性活躍という言葉が、いろんなところで語られるようになってきました。

私自身、女性活躍推進を企業で担当し、様々な他の企業の担当者と交流をしてきた経験があります。

その経験を通していえることは、

残念ながらいまだに女性よりも男性のほうが、従業員として好まれることが圧倒的に多い!

です。

どれだけ大企業で対外的には、女性活躍ランキングが高くても、それは変わらないというのが私の印象です。

何度、見せかけだけの、女性活躍という言葉を恨めしく思ったか・・・・。

 

理由は単純明快。

男性は、出産や育児等でブランクができない、休まないからです。

企業にとっては、従業員がどれだけ仕事で成果を持続的に上げるのか、それが重要視されます。

出産というライフイベントは企業運営にとってはリスクとして考えられてしまいます。

 

面接の場面で、育休取得率を質問するのは不利

そのため、面接の場面でも、できるだけすぐに出産しなさそうか、できるだけ休みを取らなさそうか、ということを企業は見極めようとしてきます。

そんな場面で育休取得率なんかを持ち出すと、一気に仕事よりも家庭なんだなというレッテルを貼られて不採用になりかねません。

福利厚生や女性の働きやすさについて、面接の場で質問することは絶対にやめましょう。

 

福利厚生など仕事以外で気になることは内定後に聞こう

でも、実際女性の働きやすさや育休取得率について、きちんと確認したうえで入社したい!

もちろんそれは当たり前です。

そんなときには、内定が出た後に、そのことについて質問する方法が圧倒的におすすめです。

企業が内定を出すというのは、きちんとした稟議が通った状態で、社内で入社についてのコンセンサスが取れています。

そして、採用担当者は上部から内定者を口説き落として入社させるようにというプレッシャーがかけられています。

この段階までくれば、ある程度聞きにくかった話も自由に聞いて問題ありません。

育休の取得率を聞こうと、女性の役職者比率をきこうと、あなたの内定が取り消される心配はまったくありません。

また、もしどうしても直接聞きたいことがあれば、面談の場を設定するように依頼することも可能です。

転職エージェントを利用している場合は、担当者にお願いすれば、企業と調整をしてくれますよ。

私も採用担当をしているときは、内定が出た後に、いろんな質問を受け付けたり面談を設定したりしていました。

給与などの結構きわどい質問をぐいぐいする人もいて、内定が出たらみんな自由なもんです。

企業の対応に懸念を感じたら内定辞退すればいいだけ

そして、もしその時に、企業の女性活用に対する対応に懸念を感じれば、その会社の内定を辞退すればいいだけです。

面接では何でも自由に質問してくださいねと言われるかもしれませんが、仕事に関する質問にとどめておくのが賢いやり方です。

本当に聞きたい突っ込んだ話は、晴れて内定をもらってから確認するようにしましょう。

 

女性の働きやすさに関する質問は内定後にまとめて行おう

既婚女性が転職するときには、その企業の女性の働きやすさについてすごく気になるかもしれません。

でもそのことを、面接の場で質問するのは、避けておきましょう。

企業は表ではいろいろキレイなことを言っていますが、結局はすぐに子どもを産まないか、仕事を優先して取り組みそうかということを気にしています。

面接では、仕事のことだけに焦点をあてて、やり取りをするようにしてください。

そして無事に内定が出たら、どんどん気になることをぶつけてみてください。

内定さえ得られれば、あなたが企業を見定めて選ぶことができる番です。

本当に自分が子どもを持ってからもやりがいをもって働くことができるのか、しっかりとその企業のことをチェックしてくださいね!