玄米はまずい?美味しく簡単に玄米を炊く方法はこれだけだった!

日常
仔猫ちゃん
玄米って栄養素が豊富で、健康にいいらしい!

と聞いて、玄米を買って炊いてみたのはいいけど、

仔猫ちゃん
玄米ってまずい・・・。

炊飯器の玄米モードで炊いているのに、全然美味しくない。食べづらい。

そんなふうにショックを受けた方はいませんか。

りえへい
こんにちは!楽して美味しく健康になりたいりえへいです。

健康のためとはいえ、美味しくない玄米を食べるのはつらいですよね。

しかも、家族からも玄米って不評だったりします・・・。

でも!お米というのは毎日食べるものです。

どの食材よりも食べる量は絶対多い。

お米を、栄養価の高い健康に良いものにできれば、その効果って大きいと思いませんか。

今回は、私が玄米を美味しく食べるために、試行錯誤した末にたどり着いた答えをお教えします!

 

玄米と白米の違い

仔猫ちゃん
そもそも玄米と白米の違いって何なの?
りえへい
玄米の美味しい炊き方の前に、簡単に玄米と白米の違いについてお話しますね。

玄米は、白米のもとになる存在です。

白米というのは、玄米から糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除いたものとなります。

どうしてこの二つを取り除くかというと、それだけ味がよくなるからです!

美味しさという点では、糠や胚芽というのは邪魔な存在なんですね。

でも、この糠や胚芽にこそ、栄養素がたくさん詰まってるんです。

玄米を白米に精米してしまうと、食物繊維やミネラル、ビタミンB1などの栄養素が失われてしまうことになります。

玄米⇒白米

  • 美味しさアップ
  • 栄養素ダウン

 

りえへい
味を良くするために玄米を白米に加工するので、玄米をまずい思うのは当たり前だったとは・・・!

でも、せっかく健康にいい栄養素がたくさん詰まっている部分を捨ててしまっている・・・。

そんなのもったいないと、思いませんか。

私は、貧乏性なので思います。笑

せっかくなら、玄米の栄養素のまま、白米のように美味しく食べることができたら最高ですよね。

 

玄米はまずい?!玄米を美味しく食べる方法を探す日々

私が玄米に興味を持った時に、ふと炊飯器を見ると、玄米モードという文字が見えるではありませんか!

りえへい
玄米モードというくらいだから、玄米を美味しく炊けるのだろう!

そんなふうに考えて、さっそく玄米を炊いてみると

りえへい
え、まずい・・・。固いし、もそもそするし、食べづらい。

結構ショックでした。

しかも玄米は工夫して炊かないと、消化があまり良くないようなんです。
そのことを当時は知らず、お腹の調子が悪くなるなど、健康とは離れていく方向へと・・・。

でも、そこで諦めずに、玄米を美味しく食べる方法を探していきました。

水につける時間を長くする

まず、玄米を一晩水につけておくなど、水につける時間を長くするとふっくら炊けるというのを試してみました。

でも、これは正直私には、違いがほとんど分からなかった・・・・

全然美味しく炊けません。

 

水の量を増やして炊く

水の量を増やして炊くというのも試してみました。

通常の1.2から1.5倍くらいまで、水を増やしながら炊いてみました。

これは、食べやすさという点では効果があったと思います。

水を増やしているので、当然多少は柔らかくなります。

ただ、美味しいかと言われると、え?美味しさってなに?みたいな感じです。

 

白米と玄米を混ぜて炊く

白米と玄米を混ぜて炊くというのは、個人的に長く続けていた方法です!

最初は白米に玄米を少し混ぜるところから始めて、最終的には、白米と玄米を半々にして炊いていました。

りえへい
でも、これは玄米を美味しく炊く方法ではありません。

玄米のまずさや食べづらさを、白米の美味しさや食べやすさでごまかす方法ですね(笑

半分くらいの量までなら、玄米の存在をごまかすことができました。

 

雑穀米を購入する

りえへい
そもそも玄米に固執する必要はないのでは?

毎日食べるお米の栄養素を高めて、手軽に健康になることが目的だったはず!

と気づいて、雑穀米のパックを購入し、白米に混ぜて炊くということもやっていました。

これは美味しくてなかなか良かったです。

ただ、こういうパックって毎日のことになると、結構お金がかかるんですよね・・・・。

なんとなく買い続けることがもったいない気がして、買わなくなってしまいました。

 

酵素玄米というのを発見!しかも手軽に炊ける炊飯器がある

とりあえず白米と玄米を混ぜて炊いとけばいいかという結論に落ち着いていた時に、たまたま行ったカフェで「酵素玄米」ご飯というのが出されました。

りえへい
なんか、茶色い!そして小豆が入っている!お赤飯?

私が最初に酵素玄米ご飯を見た印象です。

食べてみると、ふっくらもちもちしていてすっごく美味しい!

食べやすいとか身体によさそうとかではなく、単純に美味しさに驚きました。

早速作り方を店主の方に聞いてみると、

店主
玄米を〇時間以上水に漬けて・・・・、ふっくら炊くためには・・・・・、〇度で3日間以上保温状態を保って・・・・

め、めんどくさそーーーーーー!絶対無理やわ。

全然覚えられませんでした。笑

りえへい
めんどくさがりの私には手の届かない存在なのか・・・。

でも玄米をこんなに美味しく、柔らかく炊くことができるなんてすごい・・・。

諦めきれずにネットを検索してみると、なんと酵素玄米専用の炊飯器があるではないですか!

この炊飯器を使えば、普通に玄米を洗って水をセットするだけで、良い感じに酵素玄米に仕上げてくれる優れものです。

玄米を美味しく、しかも簡単に炊くことができる方法にやっとたどり着くことができました。

酵素玄米炊飯器は、玄米を美味しく簡単に炊くことができる

仔猫ちゃん
そもそも酵素玄米ってなに?

酵素玄米というのは、玄米と小豆と塩を一緒に炊き、一定温度で熟成させたものをいいます。

熟成させることで、玄米に含まれるGABAなどの栄養素が増加して、さらにもちもちとした触感が得られるようになります!

りえへい
玄米特有の硬さや食べづらさもなく、美味しい!

美味しいのがとにかく嬉しい!!しかも、白米よりも消化がいい。

私は酵素玄米を食べ始めて、すっかり毎朝快腸に。

酵素玄米炊飯器の使い方は簡単

私は酵素玄米Pro2という商品を使っています。



酵素玄米炊飯器の使い方は、通常の炊飯器とほとんど変わりません。

玄米と小豆を水洗いして、お釜にいれます。そこに塩を加えてあとはスイッチを押すだけ。

玄米自体は約6時間あれば炊き上がります。

我が家は夜にセットしておいて、朝には出来上がるようにしています。

ここから、熟成状態がスタート。

後は食べきるまで、毎日かき混ぜておくだけで、オッケーです。

しっかり熟成させて、栄養素アップ、もちもち感をアップさせたい場合は、3日以上熟成させるのがおすすめ。

丸三日経つとこんな感じ。

熟成していくほど、どんどん茶色くなっていきます。

でも、我が家では炊き上がったその日から、食べています(笑

初日でも、十分に美味しく玄米を食べることができるんですよね。

熟成していく中での味の変化を楽しんでいます。

 

酵素玄米炊飯器の値段は高い・・・?

我が家で使用している酵素玄米Pro2のお値段は、約6万5千円。

正直最初は、高い!っと思って買うのをためらっていました。

でも、お米って毎日食べるもの・・・。

例えば3年間、家族2人が、1日2食酵素玄米を食べるとすると

6万5千円÷365日÷3年間÷2人÷2食=約15円/食

実は1人1食あたり、15円程度の費用なんです。

りえへい
これで、美味しくご飯を楽しめて、健康にもなれるってお得な気がしませんか。

ちなみに私が購入していた雑穀米は、1食(0.5合)あたり約28円かかりました。

雑穀米と比較すると、半額くらいのお手ごろさです。

もちろん、炊飯器は3年以上使い続けていくつもりなので、長い目で見れば、全然アリって思ってボーナスでの購入を決断しました。

今は、家族で毎日酵素玄米を美味しく味わっているので、良い買い物だったなと思ってます。

 

まとめ

栄養価が高くて健康に良い玄米の最大の欠点である、まずさ!

この悲しい弱点を乗り越えるため、玄米を美味しくそして簡単に炊ける方法を模索し、酵素玄米炊飯器に私はたどり着きました。

酵素玄米炊飯器で玄米を炊けば、なにより美味しいご飯を楽しむことができます。

健康のためとはいえ、美味しくないものを我慢して食べていたら、逆にストレスがかかってしまいますよね。

美味しい上に、栄養価が高くて消化も良い!

玄米を簡単に美味しく炊きたい方は、酵素玄米炊飯器をぜひ試してみてくださいね。